中古車買取価格 相場と年式のお話

 

中古車買取価格の相場は一般的には、年式が重要な査定ポイントになっています。

 

 

中古車買取価格,相場

 

同じモデルの車で低年式車が高年式車より高値で取引される事も時にはありますが、
一般的には、フルモデルチェンジ前の旧型については、新型車が発売されてしまえば価値が低下するのは当然のこと。

 

 

モデルや年度が変わることで、車は1年毎、自動的に年式が落ちますので、
もし車の売却を考えるのであれば買取価格が下がる「年内」に売ってしまった方が有利なのです。

 

 

なぜ、年内なのでしょうか?
どの車両でも、ナンバープレートが取り付けられた年がその車の年式になります。

 

 

ここで重要なのが、購入をした月日は関係ないということです。

 

 

人は誕生日を迎えると1つ年をとりますが、車はそういう考えではありません。

 

 

単純に「12 月登録車」と「翌年1月登録車」を比較してみましょう。
登記上でいうと、1ケ月未満、もしくは数日の差であるかもしれませんが、年式だけでいうと1年間も差がでてしまう事になるんです。

 

 

もちろん年式が新しいほうが通常は高額買取りされるわけですから数日の違いで、
中古車買取価格においても大きな価格差が生じてしまう可能性があることは言うまでもありません。

 

 

中古車買取価格,相場

 

 

それでは、いつどの段階で年式が年をとるのかというと、
年度の変わった日いわゆる1月1日元旦なのです。

 

 

この「年式」というのは、本来 初度登録年月で決まるものですが、
「年式」が車の買取査定において、大切な項目の一つであることをお忘れなく!

 

 

さらに言ってしまえば、車を購入する時にも、この年式の変わるタイミングというのを意識することで、よい買い物ができるかもしれません。

 

 

 

⇒中古車買取価格 相場を無料で調べる方法

中古車買取価格 相場と年式のお話関連ページ

車の買取前にキズ・へこみの修理はする?しない?
キズ、へこみのある車を買取で売ろうと考えているときにご覧ください。