過走行車を長く乗るためにはエンジンオイルの交換も大事

車の寿命,多走行車買取,過走行車買取,過走行車

車を長く乗り続けるポイントはこちらの記事でも
ご紹介していますが、エンジンオイルの交換をきちんと行うことも必須項目です!
これは、過走行車を長く乗り続けるためにも、
またいざ売ろうとするときにも、コンディションを良くするために大切なことです。

 

 

エンジンオイルの交換についてですが、
エンジンオイルには洗浄作用があるので、新しいオイルに交換することで
汚れを洗浄してオイル内に細かく分散されます。
しかし、古くなったオイルを使い続けると内部に
汚れが蓄積されてしまうのです。これが、エンジンに非常に大きなダメージを与えてしまうんですね。

 

 

今は、1万5000km走行などの長寿命オイルもありますが、
理想は、取扱説明書に指定された純正オイルを、5000km(半年)以内に交換することです。
なぜなら、指定時期よりも早く交換することで、その分エンジンをいい状態に保つことができるからです。
ただ、予算との兼ね合いもあるので、
上手く調整していくことがオススメです。

 

 

また過去にオイル交換をさぼり気味な時があった場合、
汚れが蓄積されているケースが非常に多いので、
プロの手でエンジンフラッシングをしたり、
1000km位の期間で、連続してオイル交換をすると
オイル自身の洗浄能力で、若干内部がクリーニングされるのです。