車買取査定の必要書類

車買取査定,必要書類

中古車を実際に売却することが決まった場合、様々な書類が必要になってきます。
常に車内に置いておかなければならない車検証や、自賠責の保険証などです。
きちんと税金を納めたかという納税証明書や、実印、印鑑証明も必要です。
それらは、実際に売却するときに必要な書類であって、中古車査定を受けるだけではそこまで厳密に提出を求められたりはしないでしょう。

 

 

但し、車買取査定が無事終了し、実際の売却手続きに進もうとした場合に、求められた書類の提出が遅れたりなどすると、査定金額はタイミングによって変わってきますから、再度査定をイチからやり直しという結果に繋がるかもしれません。
できれば、そのような二度手間は避けたいもので、だからこそ査定時に書類のチェックも並行して行っていればよいということなのです。
先述した書類は全て必要です。

 

 

印鑑証明などは3ヶ月以内のものが必要ですから、役所等で発行してもらわなければなりません。
車を譲渡することへの証明になる、譲渡証明書があります。
これは、販売店が用意していることもあります。
名義変更の手続きを、業者にやってもらうときには委任状が必要です。
これも販売店が持っている場合がありますので問い合わせてみましょう。

 

 

さて、車買取査定も売却も無事終了した際に必要なものがあります。
買取り金額をどうのように受け取るかという取り決めと、それに伴う銀行口座が必要なのです。
現金を手渡してくれる方法なら不要ですが、多くの場合、口座への入金となるでしょう。
このとき、いつごろの振込みになるのかをきちんと確認しておきましょう。

 

 

 

>>>トップページ

車買取査定の必要書類関連ページ

下取りと買取の比較
車を手放す、売るときに悩むのが、ディーラーの下取りに出すか買取り専門店に出すかということ、それにはズバリ○○で決めろ!といった法則があります。