事故車査定 買い取りか下取りか?

不幸にも自分の愛車が事故車となってしまった場合、
そのままディーラーで解体処分するなど、最初から買い取り業者で事故車査定をやっても無駄だろうとあきらめてしまっている方が多くいます。

 

 

今や環境問題もあり世界規模でリサイクルが盛んなことはご存じだと思いますが、
事故車であっても損害の程度にもよりますが、利用できる部品は数多くあるので、
中古車一括査定サイトなどで調べてみると、快く事故車を買い取ってくれる業者も数多くあります。

 

 

事故車査定,買い取り,下取り 

 

 

国内においては、部品取り車両としてリサイクル業者へ持ち込まれ、
中古もしくは、ある程度手を加えた再生パーツによみがえり、純正品の1/3以下で流通していたりします。

 

 

ですから、例え全損に近い事故車であっても、中古車買取業者の査定を受けてみる価値は十分にあります。

 

 

ディーラーに持ち込まれた事故車は、解体処分となり、さらに処分量の請求さえ受けることになる場合が良くありますが、
こういった場合には、複数の中古買取業者に当たってみてください。
数万円どころか車種によっては10万近く受け取れる可能性さえあるのです。
事故車の場合は、特に、下取りではなく専門の業者で査定をすることがポイントです。

 

 

中古買取業者は、国内向けリサイク事業への供給や海外輸出を行う業者も多くあります。

 

 

事故車であっても、中古車一括査定サイトサービスなら、インターネットで手軽に査定をしてもらうことができ、
一回の情報入力で 複数の企業から見積もりをもらうことができるので、
まずは、愛車の価値を調べてみるといいですね。